レンズ

レンズ レンズ

金鳳堂のレンズラインナップ

メガネは1本ですべてオールマイティに見えるのが理想というイメージはあります。
しかし現代の多様化する生活環境や、パソコン・スマートフォンによる目の負担が日常化するなかで、少しずつメガネに求められるコトも変わりつつあります。
デジタルツールが生活の中にとけこみ、今や切り離せなくなった現代社会では、目的やシーンに合わせたメガネのスマートな使い分けがスタンダードです。

SMART LENS/スマートレンズ

63,800円(2枚・税込)~

  • 見たい距離(タテ方向)と視界(ヨコ方向)をカスタマイズできる「スマートレンズ」。今よりもっと楽にピントを合わせて、自分らしく快適に見たい方におすすめのレンズです。
    ご自宅やオフィスなどの室内空間と、外出時や広いホールでは、それぞれの環境で見ているゾーンが異なります。またその環境に身を置く時間の長さもレンズ選びの大切なポイントになってきます。
    「スマートレンズ」は、〈遠近〉〈中近〉など従来のレンズカテゴリーに眼を合わせていただくのではなく、見たいゾーンにお合わせする過程で最適レンズをお選びいただくという新たな提案サービスです。それは単にレンズの特徴をご紹介するのではなく、お客様がメガネを使われる環境や状況、またその頻度や重要性を考慮し、丁寧に時間をかけたカウンセリングのなかで、見やすさと使いやすさを確認いただきます。

  • SMART LENS/スマートレンズ

~メガネレンズで毎日を自分らしく~

「スマートレンズ」は、自分らしく快適にピント合わせをしていただけるメガネレンズ。それぞれのライフスタイルに合わせてオーダーできます。

<VISION CARE/ビジョンケア>

  • クリアに見えるゾーン(奥行きと幅)を「明視域」と呼んでいます。
    眼の中の水晶体をふくらませて近くにピント合わせする「調節力」は、年齢とともに低下しますが個人差も大きいです。
    その「調節力」も考慮しつつ、クリアに見えるゾーン(奥行きと幅)を専用アプリで確認しながらレンズ選びをサポート。
    度数の設定とレンズ設計により変化するクリアに見えるゾーンを、それぞれグラフ化して分かりやすく説明いたします。

  • <VISION CARE/ビジョンケア>
  • SMART LENS/スマートレンズ
  • 運転に適した見え方のメガネをお持ちの方は多いですが、40才を過ぎた頃から運転のためのメガネは室内で長く使用することに適さないようになる場合があります。それはお車の運転に必要な視力と、室内で必要な視力では、それぞれのレンズ度数を変えた方が楽に見えるようになるからです。
    とくに週末に少しだけお車に乗られる方が、その数時間の運転に必要な「見たいゾーン」は、それ以外の多くの時間において見ていることが少ないゾーンであることには気づきにくいもの。ご自身のライフスタイルに、メガネの見え方を合わせることによって解決できることがあります。

    「遠近両用レンズ」といえば、まさにオールマイティというイメージがあります。
    確かに遠方から近方(手元)まで連続して緩やかなスロープのように度数が設計されていますが、中間距離から手元までのゾーンは、決して広くはありません。遠近両用レンズというのは基本的に遠方視界の確保が設計のベースとなっているため、特にデスクでパソコンの画面を見るときなどは、どうしても無理な姿勢になってしまいがちです。眼への負担が眼精疲労につながり、首や肩の疲れが慢性化してしまうこともあります。

<Eye Care/アイケア>

メガネレンズによる紫外線ケアは一般的になり、視力補正用メガネレンズのほとんどに紫外線カット機能がついています。
近年はスマートフォンから眼を守る意識が高まり、紫外線に近い青色光対策機能がついたメガネレンズを選ばれる方が増えています。
眼の健康を守る「メガネレンズだからこそ出来るコト」があります。

  • ・ブルーライトカット
    スマートフォンやパソコンの画面、LEDから発する青色光のこと。刺激が強い青色光の一部波長をレンズがカットします。
    ※もちろんすべての青色光が悪いというわけではございません。

  • <Eye Care/アイケア>

・HEV (High Energy Violet light)カット
青色光のなかでも最もストレスに影響を与えるエネルギーの強い紫系の波長光をフォーカスし、そこの光線をカットします。
これは、眼の中にある大切な色素「ルテイン」を保護して、眼の健康を守ります。

・UVカット
現在ではその認知度も高まり広く一般的となりましたが紫外線から眼を守ります。

白内障の手術後にもこれらアイケアレンズがおすすめです

白内障手術をして眼内レンズを使用している方の眩しさ対策に有効です。

  • 日本橋白内障クリニック 赤星 隆幸医師

    日本橋白内障クリニック

    赤星 隆幸医師

  • 白内障は世界の失明原因のNo.1です。しかし手術によって濁った水晶体を綺麗な眼内レンズに置き換えることにより完治できる疾患なので、先進国では白内障による失明はほぼ克服されました。
    多焦点眼内レンズを使えば老眼までも治すことができるようになり、術後視力の質も格段に向上しています。
    一方、欧米先進国での失明原因No.1は「加齢黄斑変性症」で、日本でもその患者数は近年急増しています。
    紫外線などの短波長光線は、その発症要因のひとつです。
    多くの眼内レンズには紫外線を吸収する色素が添加されていますが、HEV(High Energy Violet light)までも完全にブロックするものではありません。
    白内障手術によって視力を回復した目を有害なHEVから守るために、アイケアレンズはすべての術後の患者さんにおすすめしたい眼鏡レンズです。
    ※アイケアレンズ「ルティーナ」

CARL ZEISS/カールツァイス

単焦点レンズ52,800円(2枚・税込)~/累進多焦点レンズ79,200円(2枚・税込)~

光学およびオプトエレクトロニクスの分野で世界的に事業を展開するドイツ光学機器ブランド〈カールツアイス〉。
カメラレンズ、双眼鏡、顕微鏡だけではなく、医療用光学機器システムや工業用測定機を手掛け、高い信頼と評価を得ている世界ブランドです。
金鳳堂ではZEISSメガネレンズのハイエンドラインを取り扱っています。

パラメータ計測データをもとに、よりカスタマイズされたメガネレンズのオーダーを承ります。
度数分析機器を設置している店舗は、夜間視力を向上させるレンズ度数を導きだすこともできます。

<i.Profiler®>

  • 最先端技術の屈折データ測定機ZEISS iProfiler®(アイプロファイラー)は、明るい環境での瞳孔と、暗い環境での瞳孔のデータなどを計測し、個人の眼のプロフィールを分析します。そのデータをもとに、適切な形でより細やかな度数単位(0.01ピッチ)をレンズオーダーに反映させることができます。

    日中はクリアな視界でも、夕暮れから夜間はどうしても景色がにじんでしまうことがあります。
    多くのレンズ数値決定は日中の明るさを前提にしていますがi.Profilerplus ®(アイプロファイラー)の計測では、昼間と夜間それぞれの度数を確認できるため、夜間使用を考慮した見え方のレンズを作ることが可能です。光を調節して瞳孔全体の度数を計測し、そのデータを独自ソフトで解析することにより、お客様お一人おひとりの目の状態に合わせた矯正数値がわかります。

    ※一般的なレンズは度数が0.25ピッチで製作されますが、「ZEISS i.Scription®」では0.01ピッチの精度で設計されます。
    これはじつに25倍の精度でレンズ設計ができるので、満足度の高い見え方を実現してくれます。
    液晶テレビモニターのイメージで話すと、かつてのアナログテレビのモニター解像度が(720×480)で、デジタル⇒フルデジタルハイビジョン(2K)といった技術進化の系譜から現在主流となってきている4Kハイビジョン解像度が(3840×2160)ですからアナログと比較した場合の4K映像は実に24倍の解像度でこちらのイメージに近くなりますね。

    また、『ZEISSレンズ』は、使い方に合わせてさまざまな機能を有したモデルがあることも特徴です。手元や中間距離を見えやすくすることで、スマホやタブレット、パソコンといったデジタル機器の使用による眼精疲労を防止する『Digital Lens®』、夜間の対向車のヘッドライトのまぶしさや雨の日の夜に発生する乱反射、暗がりでの見えにくさなどを解消するドライブに最適化されたレンズ『DriveSafe Lens』、コンタクトレンズ使用後の目をリフレッシュさせるために開発された『EnergizeMe®』など、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

    i.Profiler® 設置店
    京橋本店・伊勢丹新宿店・伊勢丹浦和店・日本橋髙島屋店・横浜髙島屋店・玉川髙島屋店

  • <i.Profiler®>

<i.Terminal2>

  • 実際にメガネフレームをお顔にかけられた状態で、左右の眼の位置や横から見たレンズの角度など、カスタマイズされたメガネを作り上げるために必要なセンタリングデータを正確に測定。手動では測れない正確なフィッティング情報がレンズの性能を最大限に引き出します。
    レンズが決まったら、自分にぴったりのメガネにするための最後の作業。それは、フレームへの装着です。フレームの形は千差万別。それだけに、レンズを無理に加工しては、レンズ本来の見え方を阻害してしまいます。そこで登場するのが『i.Terminal 2(アイターミナル2)』です。

    『i.Terminal 2』では、瞳孔間の距離、フレームをかけたときのレンズの傾き、フレームと目の位置などから、フレームとレンズのマッチングを最適化します。
    『ZEISSレンズ』はレンズカーブを選べるため、フレームに合わせることができ、メガネ全体のデザインを損なうこともありません

    i.Terminal2 設置店
    金鳳堂全店 ※VISFITT1000設置店をのぞく

  • <i.Terminal2>

<VISUFIT 1000/デジタル 3D セントレーション高精度測定機>

フレームに付けるキャリブレーションツールが不要のため、フレームの重さによる装用位置のずれをなくし、光学性能を最大化するためのより正確なデータを計測できます。
搭載された9台のカメラによりワンショットで180°ビュー画像を取得

VISFIT1000設置店
伊勢丹新宿店・日本橋髙島屋店

  • <VISUFIT 1000/デジタル 3D セントレーション高精度測定機>
  • <VISUFIT 1000/デジタル 3D セントレーション高精度測定機>

24G/トゥエンティ―フォー・ジ―

単焦点レンズ33,000円(2枚・税込)~/累進多焦点レンズ44,000円(2枚・税込)~

遠近両用メガネレンズが最短で翌日のお渡しが可能となりました。
日本ではじめて、イスラエル・シャミール社の光学テクノロジーを導入した都内のレンズラボラトリーで製造するメード・イン・ジャパンのメガネレンズです。
レンズ設計は日本のニーズに合わせ、カスタマイズされています。

眼鏡店の「メガネ即日お渡し」は、あらかじめ店舗にレンズを在庫することにより可能となります。
近視・遠視・乱視・読書用などの単焦点レンズの度数在庫があれば、店舗内加工機でカットを行い、フレームにセットされて完成します。
※レンズ度数が在庫範囲外の場合は、即日お渡し不可となります。
また遠近両用などの「累進レンズ」は、お一人おひとり必要な度数が違うため、あらかじめレンズを店舗に用意しておくことができません。
遠近両用などの「累進レンズ」はすべてオーダーのため、できあがりまでのお日にちをいただくことが眼鏡業界の常識です。
その遠近両用など多くの「累進レンズ」は、海外のレンズ工場で大量生産されています。

「24G(トゥエンティーフォー・ジー」は、東京に設けた専用レンズラボラトリーにてレンズを制作。
お一人おひとりの処方度数に合わせたレンズをつくるオンデマンドの技術で、急ぎで眼鏡を用意したいお客様のニーズにお応えします。

※諸事情によりレンズ納品にお時間を頂戴する場合がございます。
※24Gは、首都圏店舗中心に取り扱っています。

24G/トゥエンティ―フォー・ジ―
  • 急に壊れた!
  • 服に合わない!
  • 旅行のついでに!
  • 日本製が好き!

オプション

オプション価格4,400円(2枚・税込)~

紫外線によりカラーが変化する調光レンズ~トリプルカットで眩しさコンロール~

  • 紫外線量によってレンズ濃度が変化するレンズです。室内などの紫外線の届かない空間では通常のメガネとしてクリアな視界を確保し、日差しの強い屋外では、サングラスのように濃い色のレンズへ変化し眩しさを軽減します。普段使いのメガネがサングラスへと変わります。
    紫外線をカットしながら、眩しさもコントロールしてくれるレンズです。
    一般のレンズと比較してブルーカット効果が高いため、インドアではブルーライトをカット。レンズカラーがほぼ無色のため、そのままオフィスでも使用でき、パソコンやタブレットのブルーライトから眼を守ってくれます。アウトドアでは紫外線と眩しさをカット。レンズカラーが濃くなると、瞳(瞳孔)が大きくなり光を取り込もうとします。ここが「トリプルカット」の所以です。
    ひとつで二役の便利なレンズは、デイリーユースからご旅行まで、幅広く役立つ優れものとして、女性ユーザーも増えています。従来よりもレンズカラーバリエーションも増えており、おしゃれメガネとしてもご利用いただけます。
    また車内でもレンズカラーが濃くなるレンズもあります。
    ※お車のガラスは紫外線をカットするため、通常の調光レンズは色が濃くなりません。

    オプション

    カット1:室内ではブルーライトをカット(ほぼ無色のメガネレンズ)
    カット2:屋外では眩しさをカット(サングラスカラーにレンズが変化)
    カット3:紫外線もカット

  • オプション

SOLUTION What can I do with grasses

View More

レンズのことならなんでもご相談ください。
見え方やライフスタイルにあったレンズをご提案します。